保護地区について

White Pelicans on Island

ドン エドワーズ サンフランシスコ ベイ鳥獣保護地は野鳥にとって、都会のオアシスです。


 カリフォルニア ハイテック産業の心臓部の広大な3万エーカーの保護地に、何百万の渡り鳥と絶滅危惧種が都会から逃れ羽を休めにやってきます。サンフランシスコ湾の最南端に放置されていた土地に国で初めて鳥獣保護地区に認定されました。この鳥獣保護地区は1972年に地元のコミュ二ティーがサンフランシスコ湾の生態系を守るため、民衆の努力の結果創立されました。 

サンフランシスコベイエリアは1849年にカリフォルニア ゴールドラッシュによって、爆発的な人口急増で湾の周りが敏感に変化し発展しました。 例えば、塩産業が発展し、何千万エーカーの海水湿地帯が塩産業に転換しました。自然の湿地帯が20世紀の産業を支え続けてきました。そして現代は85%の湾本来の低湿地と海岸線を取り戻しています。

ドン エドワーズ連邦議会議員は地元市民に対応し、サンフランシスコベイ鳥獣保護地区の創立に努めました。 この保護地区はのち、ドン エドワーズ サンフランシスコ ベイ鳥獣保護地と名称を改め、1995年には連邦議会議員エドワーズ献身保護地を名誉とし、そしてミッションは、鳥獣生息地、渡り鳥の保護と絶滅危惧種、準全滅危惧種を向上し、維持すること、ワイルドライフ志向のリクリエーションと周囲コミュ二ティー自然学習の機会を提供することです。